せっかくだしまたなんか書きだすー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰が為に鋼は鳴る

誰が為に鋼は鳴る (ビームコミックス)誰が為に鋼は鳴る (ビームコミックス)
(2010/08/11)
天乃 タカ

商品詳細を見る


9月の初旬頃、ちょこっと関西にお邪魔してました。
keykeipやその友人たち、さらには他の方々ともお会いしたり。
で、その関西にお邪魔する理由のひとつとなったのが、この漫画です。
『誰が為に鋼は鳴る』。
鍛冶屋さんと、その鋼を打つ音色に惹かれる女の子。
そして、その女の子にだけ見える、鍛冶場が火事にならぬよう守っている
神様…通称『キツネちゃん』や、その周りの人々が織りなす物語。


これ、舞台となった町が兵庫県三木市というトコロなんですね。
同じく鍛冶を生業としている友人から聞くに、現在は刃物問屋と刃物工場が多く、
昔ながらの鍛冶屋さん自体は少なくなっているという話なんですけれども。
それは置いとくとして、気付いたら何度も読み返している漫画なんです。
だから、三木に行ってみたくなった。ゆえに行ってきた。ってワケです。


漫画のオマケページに舞台となった場所や参考としたもの等が描いてありまして、
それを頼りに(ある意味強引に)keykeipと一緒に巡って参りました。イェーイ。
事前にkeykeipにも漫画を見せてみたところ、結構お気に入りだったご様子。
現地ではついつい写メとかもしてみたりして、その結果は下記の通り。


舞台さかな

さかな

やたらと特徴のあるモニュメント。
漫画のマップだと車から見えるような感じに描いてあったんですけど、
実際は河川敷にあって、発見するのに凄まじく苦労したモニュメント。
普通に道を走っていただけでは、角度的にもまず見つかりませんでした。
keykeipの『おっしゃ、一か八か曲がろう!w』という提案がなければ、
絶対に発見できなかったであろう物質。

最初に見つけたkeykeipが『あ、あったァ!!w』と叫んだもので、
「えっ、マジ!?」って即返答をしたのもいい思い出で御座います。
一か八か曲がってくれてありがとうkeykeip!!(^^)



舞台稲荷神社

稲荷神社

三木市役所から歩いて行ける距離にある、『稲荷神社』。
となりにある『金物神社』には、漫画の1ページ目に載っている
『村のかじや』という曲が石碑に刻まれています。
でも舞台になってるのは稲荷神社オンリーというね。ちかたない。
ちなみに下の場面も稲荷神社なんですけれども、

稲荷神社2

実際に行ってみたらわかると思いますが、本当にこんな感じでした。
keykeipと大はしゃぎしつつお賽銭もキッチリと。感動のあまり500円玉を。
それっくらい大好きな漫画ってことですね、わかります。
keykeipの投じたお賽銭の額はわかりかねます。わかってても言わないケド。



さて、この『誰が為に鋼は鳴る』巡りをする際。
大変お世話になった場所があるんです。
その名も『三木市役所観光振興課』。

漫画のオマケページに、参考にしたものということで『みっきぃ観光ガイド』
というものがあることを知っていたので、そんなら市役所の観光系統の部署に
行けばきっとあるでしょー、ということで。
旅の一番最初にお邪魔させていただいたのです。
無論、実際それはあったんですけれども、件の漫画をひょいとお見せしたところ、
観光振興課の方々が『えっ、これ三木が舞台なんですか!?』という反応に至り。

『よろしければ、こちらコピーとらせていただいても…』
「あ、全然構いませんよ。多少折り曲げても大丈夫ですから」
『あー…もし、こちらの作者の方とお知り合いということは…?』
「あ~…残念ながら、単なる一ファンで…」
『ちなみにこちらの本は、その辺りにある本屋さんでも扱っております?』
「T○UTAYAさんとか普通に扱ってますよ。普通に福岡でも売ってましたから」
『えっ、福岡からいらしたんですか!?』
「はいw」

というやりとりに達し。
終いには地図のコピーやらなんやら親切にして頂いたうえに、あからさまに
課長っぽい御仁が出てきて、色々と金物に関する資料やら何やらお土産をいただく
という、ものっそい待遇を受けまして。こっちがビックリしました。ホントに。



『誰が為に鋼は鳴る』。
個人的に、本当に大好きな漫画です。
発売されたのも最近ですから、結構見つけやすいと思いますし。
何かの機会で目にすることがあったら、手に取ってみるのもアリだと思います。
後味のいい、和やかな漫画ですから。



といったところで、今回の記事はここまで。
じゃ、そゆことで。




スポンサーサイト
個人的に好きなものをサカーっと
 
夜中にベランダで煙草と戯れるのが気持ちいい季節ですねー。
目を伏せて夜風に身を任せつつ、街の雑音に耳を傾け煙を吐く。
というのは置いといて、今回も好きなものの紹介。
ハイ、また漫画です。というか作家さんです。


先に2つほど動画を挙げたいと思います。


『空』 / タカシP・かまおさん



夜は短し走れよ乙女 / 朗読P・柏城P・スフキP




そして、今回個人的にオススメする作家さんがこちら。


イロドリミドリ (マーガレットコミックス)イロドリミドリ (マーガレットコミックス)
(2008/09/25)
羽柴 麻央

商品詳細を見る


『羽柴 麻央』さんという方です。
ちょいとアマゾンの画像だとどんな絵を描かれる方なのかがサッパリ妖精
状態なんですけれども、色んな人がとっつきやすく、違和感なく読める絵
なんじゃないのかなー、と思ってまして。お話の内容自体にも同じ言葉を
用いれるんじゃないか、と、個人的にはそう思っています。


さらに言えば、「男女関係なく」楽しめるんじゃないのかな、とも。


例にあげた一冊は短編集で。ほかにも数冊出版されております。
この方が描く主人公は、中学生前後の子が多いんですけれども。
その思春期特有の葛藤(?)や切なさ、儚さや甘酸っぱさの表現が…。
ん~なんというか、もう…ね!


っね!!


というくらいに個人的に好きなんですけれども、それだけじゃなく、
読んだ後に不思議と前向きな気分というか爽やかな後味を残してくれる、
そんなお話をたくさん描かれている方です。個人的に大好きです。
特に短編集第一話の『イロドリミドリ』がお気に入り。個人的に。


さて、話を最初に掲示した2つの動画に戻すワケですが。
先の2つの動画も、紆余曲折を経ても、最終的には爽やかな余韻と
想像の余地を残してくれる動画だな、と思ってまして。個人的に。
そういった感じの動画が好きな方なら、ちょこっと時間があまって
偶然近くに本屋があったりした時なんかに、少し探すことにはなると
思いますけれども、手に取ってみるのもアリじゃないかなー、と。
そんな感じで勝手にボクが好きなことを紹介させて頂いたのでした。


そんな羽柴麻央さんが現在進行形で刊行しているのはこちら。


私日和 1 (マーガレットコミックス)私日和 1 (マーガレットコミックス)
(2009/06/25)
羽柴 麻央

商品詳細を見る



私日和 2 (マーガレットコミックス)私日和 2 (マーガレットコミックス)
(2010/05/25)
羽柴 麻央

商品詳細を見る


これらも前述しました通り、個人的に好きな2冊となっております。
どこかでたまたま見かけた時に、なーんとなく気が向いたりでもしたら、
手に取ってレジへ持っていくなんて気紛れがあると面白いですね。


とまぁ、大体こんな感じで。
好きな漫画家さんの話になると、志村貴子さんとか戸田誠二さんとか
冬目景さんとか宇仁田ゆみさんとか島本和彦さんとかねむようこさんとか
とよ田みのるさんとか浅野いにおさんとか押切蓮介さんとか岩岡ヒサエさんとか
やまむらはじめさんとか平野耕太さんとか榎本ナリコさんとかとかとかとか、
つまるところ、要は話が尽きないワケですが。

そこらへんの紹介記事は設けるつもりがないというか、むしろ今後このブログを
更新するつもりがありませんので、これがこのブログのラスト記事になります。
まぁ、ちょいと不義理ですけれども。
羽柴麻央さん面白いですよ(個人的に)。
3冊ともオススメですよ(個人的に)。
全然関係ないけどアイマス2の菊地真って娘、かわっこいいですよ(個人的に)。

じゃ、そゆことで!




2010年上半期20選の巻
 
半年ごとの名物こと『アレ』です。
ニコニコ動画に投稿されたアイドルマスター関連のMAD動画等で、
この半年の中であなたがお気に入りのものを20個選ぼうという企画。
その名も『2010年上半期ニコマス20選』。
レギュレーションはこちら。


――――――――――――――――――――――――――――――
基本レギュレーション
・対象は2010年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス作品
・自身のセレクトを20作品以内でブログ及びマイリストにて公開
・1Pにつき1作品
・その他くわしくは『コチラ』。
――――――――――――――――――――――――――――――


さて、今回のボクの選考基準です。
『マジ好き!』。以上。といっても皆さんそうですよね。
実は今回の上半期、残念ながらものっそい沢山の動画を見落としてると思います。
前回の09年下半期も大概にせぇって感じでしたが、今回は輪をかけてひどい。
あーコンチキショー明日は休んでやるとか言いながら結局行ったりしてたから?
置いといて、自分、好きになった動画は繰り返し繰り返し見るんですよ。
それこそふとした時に同じ動画を繰り返し見ている。

だから見逃すんじゃないの?とか言わないでね!

つまり、そんなアレげな日々の中で、繰り返し繰り返し見た動画。
言葉をかえるならば、勝手ながら支えてもらった動画たち。
それをもって今回の20選に臨ませていただきます。行くぞウラー!
選び終わったらみんなの20選みてびっくりするんだウラー!
今回もボクなりに、いっこいっこ紹介して参りますウラー!





01 - ナファランP

狡猾じゃなくて愚直って言って!
ハイパー狡猾タイムでした。





02 - 72oP

仕事の日の朝、出かけたくねーなーって時に視聴してました。
再生数のうち80カウント分くらいはボクだと思います!
ループした分をあわせれば203回以上?くらい見てるかも。
飽きないんですもの! 飽きないんですもの!!
そして白状します。
ネジ兄さん&アイドルズと一緒に『いぇーい』ってやってました。
これを見てテンションブチアゲで家を飛び出すのです。いぇーい。
職場に着く頃には平常に戻ってんですが、着いたら諦められるよね。
なんの話だなんの。





03 - 黒怒虎P

こっちは帰ってきてからよく観ていたモノです。
曲で『えっ』ってなる方も少なくなかろうとは思うんですけれども、
なんだろう、これもう理屈じゃないですよね。心をねっとり掴まれた感じ。
言い方がなんだかひどいですけれども、褒め言葉ですからね?
くたびれて帰ってきて、ドカーッと椅子にすわってブェーってパソコンつけて
ズコーってグリコのマイルドカフェオレ飲みつつボケーっと眺めていました。
たぶんこれも80カウントくらいボクかもしれない!
これからも気付いたら回してると思います。好き!





04 - かりふらP

それでは始めさせて頂きます…
うーつーろーなーゆめー!!!!!!

これはもうアレですね、テンションどうしようもないなって時。
あるじゃないですか。低いのか高いのかわからず『ハハッ』て笑いが出る時。
あー今日はどーしよーもないなーハッハッハうーつーろーなーゆめー!!!!!!
初めて観た時には大爆笑したのですが、特にヘッドバンギングあたりで珍奇な
笑い声を白い壁の部屋の中に放出したワケですが、思わず宣伝してたくらいで。
で、個人的には超お気に入りで、今でも2424しながら結構観てるんですが、
ネタだと思ってるんですがガチだったらどうしよう、と、ふと思ったのでした。
に、認識の齟齬ということで…ここはひとつ、どうでしょう…! なにがだ。





05 - ゾウリムP

仲がいいって良いことだ!ほっこり!
って感じで、ほっこりしたい時に観てました。2連休の1日目の夜とか。
なんだろう、飲み物に例えるなら、リプトンのミルクティー!みたいな。
動画コメではゆきまことか百合とかそういう言葉が飛び交ってまして、
そういうコメばかりになるのもわかる気がする!という動画。
言ってしまえば幸せそうなんですよ、うん。すごく幸せそう。ホントに。
それはそれは、こちらまで幸せにしてくれるような何かを勝手に感じる。
生きてんなー、幸せそうだなー、と。なんでかそう感じるんですよね。
ので、ふとした時に観て、勝手に幸せになってました。いぇーい。





06 - ああああ氏(教えて頂いたM、Dさんありがとう!)

ちょう、エキサイティイイン!!!!
テンションあげたい時とかに重宝してました。掃除してる時とかですね!
観るたび観るたび新しい発見があるワケでして、よくもまぁこれだけと。
第4回MMD杯本戦に投稿された中では1、2を争うくらい好きです。
何と争ってるかというとミクトラだったりします。バルタンナウいよね。
でまぁミクトラはレギュレーションから外れてしまっていますので。
超エキサイティングなこちらで今日も気分はバリバリ最強No.1。
曜日や時間帯は特に関係なく、臨機応変に大活躍してくれてる動画です。





07 - dbdbP

出かける前に観ていると忘れ物しますよ。(体験者談)
そうでなくともただでさえライターやらベルトやらよく忘れるのですが、
たぶん曲がせわしくて急がされている感覚になるのもでしょうけれども、
おそらくそれだけじゃない。それだけではない…気がする!
アレですよ、動画が楽しくて考えてたこと忘れちゃうんですよ。たぶん。
せわしい曲に小気味よく切られたダンスも相まって、さながらこれは…。
そう、電子ドラッグ!
で、観てるとバスに乗り遅れたりするワケです。(体験者談)





08 - 鎌P

これはどういう時に観ているか、ですって?
日曜日の朝8時半くらい。

というのは冗談で、なんとなく観ようと思った時に観てます。
腕を組んでうねうね~ってやるトコロが大好きでして。
ボクが友人を集めてうねうね~ってやっても、
『UFOだ! UFOを呼んでいる人たちがいるぞ!』
となるのが関の山ですので、うねることはないでしょう。
モニターの向こうに連れてってくれるんならUFOだろうが
なんだろうが呼んでやるよコンチキショウきてください!!!!
で、向こうの世界で振られて I can fly ですねわかります。





…と、いうことで。2010年上半期の、ボクなりの20選。
楽しんで頂けましたでしょうか!

えっ?

―――まだ8個しかない…?
そ…そんなバカな!
妖怪…ッ妖怪のしわざに違いない!
くそう、妖怪め、ケチョンケチョンにしてくれる!
あ、ちなみに2009年下半期にボクが選んだ20選はコチラ
以上、2010年上半期ニコマス20選でした!!
じゃ、そゆことでっ!!!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。