せっかくだしまたなんか書きだすー
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決して万人にはオススメできないけど個人的に好きな本とか
 
個人的には面白くて、お気に入りで、つまり『ボクは好きです!』というような。
そんなものを並べてみようかなーという、これまたなんとなくな更新です。
いや、眠れないので。漫画ばっかりになりそうだけど。
ではまぁ書きたいように書きます。



闇金ウシジマくん 17 (ビッグコミックス)闇金ウシジマくん 17 (ビッグコミックス)
(2010/01/29)
真鍋 昌平

商品詳細を見る


まずこちら、闇金ウシジマくん。現在18巻まで出ている漫画です。
本当に人を選ぶ漫画だと思うんですけど、好きな人は大好きだと思いますよ。
『ハッピーエンドじゃなきゃ嫌だ!』というような方には絶対オススメしません。

簡単に話をまとめると、多重債務に陥ってどこからもお金を借りられなくなった、
そんな人らがウシジマ社長の切り盛りする闇金事務所に金を借りにくるお話です。
ウシジマ社長は『客を粗末に扱ったりしねェ』というポリシーがあるようでして、
キッチリ最後の一滴まで搾り取る。そこまでの様子が容赦なく描かれてます。
ある意味、図書館の推薦図書コーナーとかに置いておきたくなるような感じ。
利息は基本『トゴ』、つまり10日5割だそうです。ウシジマ社長ぱねぇっす。
1巻で引いてしまう人も多いだろうなというのは個人的な感想。



ジキルとハイドと裁判員 1 (ビッグコミックス)ジキルとハイドと裁判員 1 (ビッグコミックス)
(2009/04/30)
森田 崇北原 雅紀

商品詳細を見る


次はこちら。ジキルとハイドと裁判員。
ウシジマくんほど人を選ぶ漫画というワケでもないと思ってます。
『ほのぼのしたモノじゃなきゃ嫌だ!』という方にはオススメしません。

再び簡単にまとめると、主人公は裁判官でして、ちょっとした能力を手にします。
一定時間だけ、他人の過去の行動を知ることができるようになるんですね。
彼は正義感が強いので、『判決は正しいものを』という義務感を背負います。
ところがどっこい、世は裁判員制度、裁判員の皆さんの意見に判決が左右される。
そんじゃまあ一般市民から選ばれた裁判員の皆々様を、言葉巧みに誘導して、
裁判の結果を思い描いた通りにしてしまおう、という漫画です。
心理バトル好きな人あたりにオススメしてみたいかも。



摂氏零度の少女 (幻冬舎文庫)摂氏零度の少女 (幻冬舎文庫)
(2009/10)
新堂 冬樹

商品詳細を見る


本日最後はこちら、摂氏零度の少女。小説です。
『よりによってこれか』という方もいるかもしれません。
それくらい人を選ぶ内容ですし、後味も決して良くはないかと思います。
今回の中ではこれが一番色々な人にオススメできない本。

またまた簡単に内容を述べますと、母親を毒殺しようとする少女の話です。
ブログ等、ところどころで取り上げられていた感想でも、『理解できない』などの
言葉を目にすることが多くあります。たとえ理解できても共感できるんだろうか。
『怖いもの見たさ』が勝る人は手に取ってみてもいいんじゃないんでしょうかと。
後味は良くないでしょうし、なにか考えることもあるかもしれない。
『理解できない』で切り捨ててもいいと思いますし。
ちなみに実際にあった事件がモチーフだそうです。



本ばかり紹介するというのもなんなので、ゲームもひとつふたつ。




アイドルマスター Xbox 360 プラチナコレクションアイドルマスター Xbox 360 プラチナコレクション
(2007/11/01)
Xbox 360

商品詳細を見る


アイドルマスター ライブ フォー ユー! Xbox 360 プラチナコレクションアイドルマスター ライブ フォー ユー! Xbox 360 プラチナコレクション
(2009/03/12)
Xbox 360

商品詳細を見る


バンナム商法でも有名となった、アイドルマスターというゲームです。
これまた万人にはオススメできませんけれどもね。
好みの娘がいたら、見た目から入ってみてもいいんじゃないかなーと。

『あなたが育てたアイドル』が、きらびやかなステージへと歩を進めていきます。
時には慕われ時には叱られ、数々の成長を目の当たりにしつつ。
そんな感じでトップアイドルを目指す育成(+ちょこっと恋愛)ゲームです。
もしかするとバンナム商法に臨んでいった人々の気持ちがわかるかもしれない!

そして2段目『ライブ フォー ユー』。こちら踊りだけ見ていたい方にうってつけ。
さらにはちょっとした操作をすることで、動画編集ソフトとかどうこうがあれば、
あなた好みのステージで、好きな曲で、アイドルたちを踊らせることができるかも
しれません。できる『かもしれません』。結構手間かかります。
それこそ万人にはオススメしないというかグレーというか趣味の領域というか、
まぁ詳しくはニコニコ動画のタグ検索で、『iM@SコラボPV』とか検索してみれba



くどいですね!



そんな感じの気紛れ更新でした。
じゃ、そゆことで。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nafaland.blog84.fc2.com/tb.php/50-87170b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。